事務的ご協議・お手続きの流れ

お申し込み後の流れ
(事務的ご協議・体験授業・お手続き)

お申し込みの方法がフリーダイアル・Eメール・FAXのいずれの場合でしても、
お申し込みいただいた翌日までに、
弊会より折り返しのご連絡をいたします。

折り返しのご連絡にあたりましては、
生徒さんに関する見解とご指導方針の明示・ご質問へのご回答・
ご指導料金の簡易お見積り・お手続きのご説明・
事務的ご協議(体験授業)実施の候補日を、詳細にお伝えいたします。

事務的ご協議(及び体験授業)の実施日及び実施場所
ご指定いただきましたら、当日、担当講師がご指定の場所に、
各種ご資料及び書類を持参の上、お伺いいたします。
当日は、以下の3点をお忘れなくご用意ください。

① ご印鑑
  (シャチハタなどのインキ浸透印はご遠慮ください。)
② 学習状況を担当講師が把握できるご資料

③ 受講される場合は体験授業に使用するテキスト
  (手元にあるもので構いません。)

尚、体験授業を無料にて受講していただける「条件」は、
以下の3点とさせていただいております。

条件1
ご協議・お手続きと同日に受講していただくこと。
条件2
受講希望日の前日までにご予約をいただくこと。
条件3
正式なご指導受講のご契約締結を前提とされること。
(いわゆる、冷やかしでないこと。)

※ 体験授業をご受講いただいた後、正式なご指導契約が締結されませんでした場合、
お預かりした個人情報は全て破棄いたします。
その際には、ご提示申し上げた担当講師の個人情報
(経歴書・名刺など)の破棄・返却にもご協力をお願い申し上げます。

ご資料のご閲覧・体験授業のご受講を経て、
担当講師のご指導体系及び技術に納得していただけましたら、
ご契約書へのご署名及びご捺印と、お申込書への必要事項記載をもって、
事務的なお手続きを完了といたします。

以降は、お申込書のご記載に基づき、
弊会の経験豊富で技術が優良なプロ講師による学科指導を
定期的にご受講いただけます。