基本的なご指導方針

弊会の基本的なご指導方針

弊会では生徒さんのご指導を受任するにあたり、一般的な塾や、
大学生などがアルバイトでやっている家庭教師には難しいとされる、
“良好な過程”を伴った結果を迅速に出すことを
基本的な方針といたしております。

特定の問題の特定の解法を、
記憶としての固着を見込んで機械的に演習を繰り返すような、
いわゆる「詰め込み学習」から生徒さんが脱出できるように、
理解しやすい丁寧・的確なご説明は大前提といたしまして、
物事の根本的なルールや、それが成り立つ仕組みと
向き合えるようなご指導法を行うことで、

生徒さんが「理解している」「役に立っている」ということを
実感できるようになり、

演習にあたって必要とされるが予備知識が
的確に整理された形で定着できるようにいたします。

このように的確な形で定着した知識によって、
学習への取り組みや問題を解くことに対する苦痛が払拭され、
どのような生徒さんも、各々に適した自習の要領を得られることで、
テストで問題が解けるようになる条件がすべて揃い、
数値的な“結果”がついてきます。

これらが、弊会が重視している、“良好な過程”を伴った結果の定義です。

また、これらの“良好な過程”によって、
テストに出題される問題を解く能力のみならず、
習得した知識や技能をデータベース化したり、情報の善悪を見きわめたり、
自らの解釈・主張を述べたりする能力も向上が見込めます。

そして、これらの能力が向上することで、
知識・学習法・記述法などの幅が広がり、
更に“良好な過程”を伴った結果がついてくる。

このように、“良好な過程”は結果の可能性を効率的に広げられるものです。

弊会では、これらの基本的な方針をベースとして、
各々の講師が独自の信念をもって、創意工夫を試みており、
その全員が「技術者」としての誇りと責任を持って、
生徒さんにご満足いただけるご指導に、日々挑み続けております。

ぜひとも、弊会をお引き立ていただいた上で、
プロ講師ならではの「真の技術」と「真の情熱」を
感じていただければ幸いな限りです。